フォト
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

当たったよ?

 

  病気と闘っていた ゴールデンのお友達が亡くなりました。

  船橋のオレオ君と市川のリッキー君

  どちらも性格のいい穏やかな男の子でした。

  いつかは別れがくると分かっていても辛いものです。

  我が家も先代犬ジョディーがもうエンジェル四年生になりました。

  それでも写真を見ると目が潤みます。

  そんなこんなで、歩きながらついつい空を見上げてしまいます。

  見上げた先にまぶしいほど金色に染まった銀杏の樹がありました。

  そして「葉っぱのフレディ」を思いだしました。

  あの銀杏の葉も与謝野晶子のうたのように

  ・・・金色の小さき鳥のかたちして・・・・・

  地に落ちていくのでしょう。すべて命のリレーをしていくのです。

                    ・

                    ・

Spa110229                       銀杏の樹

Spa110230                     桜の樹

                       ・

                       ・

Spa030218          ポー「ああ、無常ですか」

           母「ぽーちゃんそれただのあくびでしょう」

Spa030216            デン君「わけわからんこと言ってないで散歩いこ」

Spa030222       ↑ハナ     ↑ポーリー        ↑はな  ↑あや

       はなちゃんちに集合。

      ポー「母さん、この子(あやちゃん)また大きくなってるよ!!」

      そうです、日に日に成長してるあやちゃんです。

      四か月に入ったあやちゃん、ただいま15キロ。

Simg_2346              欲張り娘、ボール三個ももってきました。

Simg_2348              ポー「わかりましたよ。一個にしますです」

 Simg_2344          このサッカーボールはカミカミして穴があいてます

          そこに顔がスッポリ入り目の前が見えなくなり

          うろたえる姿は笑えます。

          もしかしてポーリー、お笑い系?

Simg_2336        やっぱりお笑い系です。この寝姿とっても女の子には見えませんです。

                          ・

                          ・

Simg_2339_2                    ハナミズキ

          我が家のハナミズキ、いつもあまり綺麗に紅葉しないんですけど

          今年は初めて紅くなりました。あの猛暑がもたらした副産物です。

          どこの公園も例年になくひと際、紅葉が美しいそうですよ。

                         ・

                         ・

         タイトルの当たったよ?はこれです。

                  ↓

Simg_2357                  サントリーの むぎのか

             三男が応募したらしく、10000人に当たるそうです・

             年末ジャンボ、彼に買わせようかな。

             これを飲んで頬を紅葉(高揚)しようかしら、ふふふ   

2010年11月18日 (木)

秋深し

  ポーリーと散歩してると道すがら色々楽しめます。

  遠くをみたり近くをみたり、特に季節の変わり目は

  風や空気の違いさえ感じます。

    朝の散歩はゆっくりゆっくり周りの景色で

  季(とき)のながれが判ります。

Simg_2280_2

         上手くとれてませんが何処かの家に柿がたわわに実っています。

         渋柿かな?甘柿かな?って想像しながら通ります。

                        ・

                        ・ 

         朝のコースは我が家の裏手の市川の街が見渡せる小高い丘です。

         遠くスカイツリーも見えます、その横に富士山も少し雪をかぶって

         でも、もやがかかって見えにくいんです。木枯らしでホッペや耳が

         痛くなるころはツリーも富士も綺麗にカメラにおさまるでしょう。        

Simg_2290

Simg_2291

Simg_2283

         ポー「母さん、撮影より早く歩いてくださいな」

Simg_2293

        垣根から私たちにアメジストセージが「オッハヨー」だって

        

Simg_2294

         空き地に乱れ咲く白い小菊・・・切り株を優しく包むように咲いている。

         Simg_2295

              ガードレールからはみだす赤い小菊

                         ・

Simg_2287

     ポー 「いい加減にしてください。はやく帰って朝のウマウマの用意してくださいな」

      母「うん、もーウ・・ポーちゃんには風情がわかんないんだから」

                        ・

                        ・

           こうして私とポーリーの一日が始まり

           一週間が過ぎ、一か月が過ぎ、一年が終わります。

           今年もあと一ヶ月半・・・

           あの有名な俳人が<月日は百代の過客>と唱ってますが

           私たちは時のながれの旅人なのですね。

2010年11月16日 (火)

第一発見者

   昨日 の朝のポーリーの散歩、とんでもないアクシデントに遭遇しました。

                        ・

   いつも通る貯水池の側のフェンスに「あぶないから入ってはいけません!」

   というプラスチック製の白い看板が掛かっています。

   それが燃えていたんです。火を見ると何故かパニックになるんですね。

   まわりに誰もいなくって、ポーリー連れているので一層混乱して

   私があわてるものだからポーリーまで落ち着かなくなって

   とにかく近くの家にピンポンして知らせ、お水をかけたり、消防に連絡したり。

   驚いたことに少し離れた貯水池でも看板が燃えていたんです。

   つまり連続放火です。

   それからが大変、消防隊員やおまわりさんが入れ替わり立ち替わりやってきて

   住所、名前、生年月日まで聞かれました。

   つい「個人情報ですから・・・」って冗談いったら

    「まあまあ、そう言わずにお願いします」 だって。

   ○年11月15日って言うとお巡りさん「今日誕生日ですか、というと○○歳ですね」

   自分の誕生日なんて、すっかりわすれてました(笑)

   それで一句できましたです。

   ・・吾が齢をお巡りさんに教えられ・・

   誰か歩いてなかったか?

   見た時どのくらい燃えていたか?

   何人、歩いてたか?

   どの質問も、エーツ、エーツですよ。

   そんなの記憶するほど気にして歩いてませんて・・・・

   仕方ありません、第一発見者ですから。

   放火する人がいると思うと、とても気味の悪い一日でした。

                      ・

                      ・

Simg_2320_2          「母さん、パニクッてるからあたし、おしっこできなくて」

         と、うちに着くとあわててシーです。顔が真剣です(笑)

         そして、朝食の前のひと遊び、今朝は三男がお相手です。

Simg_2313

Simg_2312_2

Simg_2310

          先週、はなちゃん、ハナちゃん あやちゃんがお散歩、お誘い

          ひさびさ四匹揃いました。

Simg_2300        ポ「写真?父さん、あたし急いでるです。外で皆が待ってるです」

Simg_2301             あやちゃん           はなお姉ちゃん

          あやちゃん、もうすぐ四カ月・・・・ゴルって大きくなるのはやーい

Simg_2302                あやちゃん、尻尾はまだまだね(笑)

Simg_2303                なんでも興味あるお年頃

Simg_2309          はなちゃん、すっかりお姉ちゃんしてるね。

          あやちゃんのお尻、チェック。

      Simg_2305            はなちゃん   あやちゃん ハナちゃん ポーリー

                さあ、出発!!

Simg_2307         来年の今頃はきっと、あやちゃんが一番大きくなってるかも

         だってね、パピーのくせにとってもおおきな手と足なんですよ。

         ハートもビックかも、ぜんぜん物怖じしないんですもの

         どんなレディになるんでしょう、楽しみです。

         ほれほれ、お姉さま方しっかりしなはれ

         特に、ポーリーはん

                        ・

                        ・

Simg_2279                  コーヒーの木

              明け方の温度が十度をきるとコーヒーの木は

              寒さに負けます。

              庭で太陽の陽をひと夏充分に受けたコーヒーの木

              来年の五月初旬まで室内暮らしです。

              これから皆の「行ってきまーす」「ただいまー」

                      「こんにちは」「さようなら」

              何度、コーヒーの木は玄関さきで聞くのでしょう

              暖かくなるその日まで・・・

 

 

  

2010年11月10日 (水)

守られて・・・

    落葉樹の葉が一枚、二枚と枝を離れていきます。

    そして、最後の一枚が地に落ちると 

    裸樹になり寒空に凛とたち次の命のリレーが始まっています。

    その証拠に小さな葉芽はこれからの寒さから守られるように

    茶色い幕のようなもので(専門的には何か呼称があるのでしょう )

    保護されています。自然の営みって素晴らしい!                  

                    ・

                    ・  

          やんちゃくれのポーリーは私たちに守られてこそ

          我が儘もし、散歩もウマウマにもありつけるのです。

          すべて飼い主に委ねられる命です。

          それなのに衝動や流行だけでワン子を飼い

          果ては飼育放棄で保健所に持ち込まれるワン子の多いこと

          心が痛みます。

                                                  ・

                             ポーリー、今日はゴミ出しのお手伝い?Simg_2215

Simg_2218

             ポ” 「母さん、あたしが持ちましょうか?」

              母”「いいえ、結構です」

Simg_2217_2

              ポ”「重たそうですけど」

              母”「大丈夫ヨ」

 Simg_2220

          ポ” 「お伴いたしますです」

          母” 「独りで行ったほうが楽なんですけど・・・・」

                        ・

Simg_2163

            リードを自分が咥えて歩きたいと引っ張ったり

  Simg_2184

           あれ取ってえーと視線をなげたり

         姿こそワン子ですが、まるで三歳児か五歳児がいるようです。

         大人社会の我が家の空気が柔らかいのは

         きっとポーリーがいてくれるからでしょう。 

         一匹でも多く、里親を待っているワン子たちに幸せがくるといいな。

                         ・

                         ・       

    Sp9260214         

              街路樹は紅葉が進んでいます。 

              木枯らしが冬の便りを届けにやってくるのも

              そう遠くはないでしょう。

                  

          

2010年11月 8日 (月)

着々と

                今年こそは早めに冬支度。

                        ・               

  いつも暮れ間際になってあたふたと、横着者のいっとき仕事をしてました。

  結局、あれが出来ない、これも駄目で、

  いつも何かしらやらずじまいの事が多く、反省しきりでございました。 

  はやばや庭樹の選定終え、まずはひとつクリアです。

Simg_2032            「母さん、テレビみてないでチャチャットやっちゃいましょう」

            「ちょっと一休みさせてくださいな」

Simg_2156                       千両

                    玄関先の千両も赤く色づきました。

                       ・

Simg_2237                    すずらんの木

       初夏のころ、可愛い白いすずらんに似た花を枝につけるスズランの木

       今までどこに潜めていたのかと思うほど燃えるように赤く染まります。

       できれば地植にしたいのですが、これ以上は無理という程ひしめきあってる 

       我が家の庭ですから、コンパクトに育ってもらいたいので鉢植えにしてます。

                             ・ 

Simg_2242                     ブルーベリー

         小さな庭も徐々に秋色に染まってきました。

                        ・

Simg_2254          暑い夏はほとんどクーラーおたくだったポーリーも

         最近は庭にいる時間がふえました。

Simg_2258  

Simg_2250

Simg_2238_2          今年、沢山の花をつけ、ご近所に香りのおすそ分けをしてくれた金木犀

          夏は木陰を作ってくれたけど、寒い季節は暖かな陽ざしが欲しくって

          にわか庭師のポー母が梯子をかけてバッサリ枝をはらいました。

          金木犀は寒そうだけどテラスは燦さん光が降りそそぎます。

Simg_2245                                ベランダまで届く楠の木

             まんまる坊主になっちゃた楠の木ですが

             心配、ご無用、来春の芽吹きはそれはそれは見事で

             電線に届くほど力強いのです。 

Simg_2243                    お向かいのY様の生け垣     

           お向かいのY様宅は毎年、庭師の方が手入れにみえます。

           さすがプロの手に掛かった庭はきれいです。

           上の3枚の写真、ビフォアー、アフターではございません。

           素人と玄人の差ですかしら、

           自称、ゴールドフィンガー、穴があったら入りたい気分です。

Simg_2251 Simg_2207                        ネリネ

              春夏秋冬、季節はめぐり、時は刻まれ

              花や樹はその四季と併走し咲いて散りを繰り返す。

              晩秋の今日、私は着々と冬支度をはじめています。

              暮れに間に合うようにほんのちょっと駆け足しています。

2010年11月 6日 (土)

ふるさと便

   田舎のある人が羨ましいと、ポー父、母思っていました。

                 ・

   その昔私たちも生まれ育った故郷がありました 

   ポー父は石川県金沢、ポー母は広島県呉市。

   でも、お互いの両親を亡くして、25年は経ちました。兄弟、姉妹はみんな

   神奈川、千葉、埼玉と移り住み・・お里の便りは絶えました♪♪

                  ・

                  ・

    ところが、嫁の小夜ちゃんのお母さんが三重県伊勢市にいらっしゃる。

    伊勢神宮のすぐそば、海の幸、山の幸豊富なとこです。

    その伊勢から我が家に故郷便が届くのです。

Simg_2179                         

                         ・

                         ・

      「 こころ尽くし」と言う言葉があります。

      真心をこめること、また、そして用意したもの、という意味ですが

      箱を開けると真っ先にそんな言葉が飛び出してきたようでした。

      まこも、むかご、ひの菜、

      どれもポー母地方では目にしたことのないものです。

     ( まこも)は稲科でちょっと竹の子ににてます。

      あくもなく、甘みがあり中はやわらかです。

     (ひの菜)は漬物に、(むかご)はちいさいものはむかごご飯に

      大きいものはから揚げして、一塩ふり酒の肴

      どっぷり、故郷にはまってしまいました。

Simg_2192                 むかごご飯

                         ・

                         ・

Simg_2199          「母さん、あたしにも何か届きませんか?」byポー

         「 誰かあたしにはボールでも送ってくださいな、」byボール命、ポー

Simg_2196          「このボール、そうとう痛んでます」byつぶやきポー

Simg_2204      「ポーちゃん、もうお家に入ろう」といってもちょっと不機嫌

      ふるさと便に自分のものがなかったから?機嫌なおしてくださいな。

Simg_2202          「フーンだ。どうせあたしにはありませんよーだ」byぶんむくれポー

          結構、根にもつタイプですかね。(笑)

Simg_2188_3                  ポーリーの視線の先 は?

Simg_2185              小引き出しの上のJ,ホンダで買ったぬいぐるみ

              この子に八つ当たりしてました。

Simg_2201                         シクラメン

         このシクラメン、八百屋で売ってました。

         それも、奥の奥、かくれるように・・・なぜかって?

         ハイ、斜めむかいに花屋があるのです。

         まあ、気を使ってるんでしょうけど、

         身を潜めるようナ、肩身の狭い思いをしてるシクラメンが

         チョピリ可哀そうでした。

         といいながらも私、花屋よりうーんとやすいので、

         一鉢、お持ち帰りいたしました。

         我が家は外で育てます。そうすると、とっても強い子に育ち

         来春、3月ころまで咲き続けてくれるのです。

         遅い秋が終わると木枯らしがやってきます。

         その前にハイビスカスやコーヒーの樹はお部屋にお引っ越し。

         うっかりしてると一晩でショボンです。

         寒がりさんの花や樹はさあさあ、早めにケアーいたしましょう。

  

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »