フォト
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月23日 (木)

小さなお店ですが

   半月 以上もブログ更新できませんでした。

   決してサボッていたわけではございません。

   何しろ忙しかったのです。

   長男が三年がかりで資金をため、政策金融公庫からも融資を受け

   小さなお店を始めました。

   ポー父、母はそれはそれは反対したのですよ。

   しかし、彼は見事に押し切ったのです。

   始めたからには親ですからほってはおけません。

   何やかやと手伝いに明け暮れヘロヘロでございます。

   何しろ数日後に年寄りは疲れが出るんです。トホホ (笑)

 

Simg_2451_2

         このおじさん、たこ焼きで一杯やるそうです。

         なんでも結構、売れればいいのです。

         そこのお姉さん(小夜ちゃん)覗きすぎ!

Simg_2454

Simg_2461

         真ん中が息子、右側が大阪から指導にやってきた社長

         手とり足とり十日間ほどマンツーマンで指導を受けておりました。

                      ・

            この日(9日)は開店当日!!

            姥桜(私)じじ桜(夫)嫁桜(小夜ちゃん)

            冷やかしではありません、暖かなエールを送ったのです。

                       ・

                       ・

             暖かくて天気の良い日だったので、 市川に戻りアイリンクタワーに

             のぼり360度の景観を楽しんできました。

             三浦半島、房総半島、筑波山・・・・・勿論、富士、スカイツリー

             なんでもごじゃれで、「この大空に翼をひろげムムムーー」

             なーんて唄いたくなる気分でした。

Simg_2465

              手前が市川橋、後方は松戸市、矢切り方面

Simg_2476

                 江戸川の流れと北総線

Simg_2469

              国府台方面、茶色の高いビルは和洋女子大                     

                       ・

 

Simg_2497          遅く帰ってもちゃーんとお出迎えするポーリー

         「なかなか、よい心がけじゃ」by母

Simg_2494          「母さん、あたしもう寝るです。明日があるから」byネムネム、ポー

         「明日は誰にでもあるんじゃぞ」by母

         「ああそうですか、ポーちゃんだけかとおもったですよ」by思い込みポー  

Simg_2487             お店の開店祝いの花輪をくずして持って帰り

            花瓶にさしました。

Simg_2493               レモンの実

Simg_2491_2                    大実きんかん 

                        ・

             今年はレモンは裏年なのか実つきがいまいちでしたが

             きんかん、は名前のごとく大きな実をつけてくれました。

             数の多少はともかく、実がなるのって嬉しいものですね。 

Simg_2492_2                   寒菊

              姑が植えてくれた寒菊、

              寒さに強く、冬空のもと春待ち顔にさいてます。

              毎年、この花が咲くと亡くなった姑を思い出します。

              苦しい戦後をくぐりぬけ、五人の子を育て上げた姑の

              あの細い体に秘めた強さが寒菊に重なって見えるのです。

              「みっちゃん、みっちゃん」って可愛がってもらったなあ。

                        ・

                        ・

              そして今、私は二男の嫁の小夜ちゃんや

              長男の彼女、和可奈ちゃんが可愛くて

              姑(はは)が私にくれた優しさを

              これから、彼女たちにおすそわけです。

 

 

2010年12月 4日 (土)

師走ですね

 12月に入って、もう5日も経つゃいました。4月にブログ初めて、はや8ケ月です。

 調子よく更新できたりサボったり。とにかくマイペースでやってきました。

 メカ音痴のわたくしめ、どうなることかと思ったけれど

 うるさい外野(夫)のお陰でビギナーとしてはまんずまんずといったところでしょうか。

 よくもこんなにネタがあるものです。

 先日もありましたですよ。 

                          ・

                          ・

          それは昼下がりにはじまった。

          チャイムの音で玄関の扉をあけると

          「ポーちゃんのお母さん!!」

          ココアちゃんのママが泣いてすがってきたのです。

          (なになに何???どどどーしたの???)

          「ココアが行方不明なの」

          早い話が脱走なのである。家を出てからかれこれ4時間経過。

          13歳のゴールデン、人でいえば六十四、五だ。

          人間でも気持の若い人がいるがココアちゃんも顔こそ白くなってるけど

          気が若い!4歳のポーリーも負けちゃうほど。

          夕方4時になっても見つからず、ママさんの不安度のボルテージ、マックスに

          「あのさあ、保健所とか警察に届けたよね」って私の問いに

          「えー届けるの?あらいやだ人間の子供の迷子と同じね」

          そんなこと感心せんでよろしいから、早く届けてよ。

          まあ私も早く教えるべきだったと反省した。

          困った時の保健所、警察・・・いやちょっと違うかな。

          でもさすが情報、網羅してますね。すぐわかったですよ。

          警察から保護してる人がいますって。

          これにて一件落着。よかった!!

                           ・

                           ・

Simg_2382                         銀杏 

             我が家の一軒先のお宅の銀杏の樹

                         ・

Simg_2385                      デン君  

Simg_2394              デン君はノーリード で歩ける子です。

Simg_2415                    Oハナちゃん

Simg_2410                    ハナちゃん

Simg_2412               「ハナは脱走しませんよー」byハナ 

Simg_2422_2          「ハナはね、脱走しないけどよその家は入りますよ」by侵入者ハナ

         「よその家は入っちゃ駄目なのおー」by監視員ハナママ

Simg_2424                ハナ 「怒られッちゃったです」

Simg_2418           ポー 「あたし、みたいにボールで遊んでればいいのだ」

          ポー「あと、プロレスごっこもサイコーよ」

          母「ぽーちゃん、それは貴女だけが楽しんでるんでしょ」

          いつも被害にあってるハナちゃんごめんネ

Simg_2395

Simg_2398           こうして、いつもハナちゃんをねじふせてるんです。

          ハナちゃんいつか仕返ししていいヨ

Simg_2414          ポー「私たちは仲良しなのだー」

         ハナ「そうはおもえましぇーん。じゃー1回くらい勝たせて」                      

                       ・

             やっぱり仲良しさんなのかな?

             だってハナちゃん、散歩嫌いなのに

             「ポーちゃんち行くよ」ってハナママさん が言うとね

             ハナちゃん、スタコラサッサと歩いてやってくるんです。

                        ・ 

             ワンコの脱走は危険です。

             心ない人に捕まったり、交通事故

             命にかかわります。

             守ってやれるのは誰でもない、私たち飼い主です。

                       

 

 

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »