フォト
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

再びの容疑者P

         ポー父の回復とは反対にポー母ここ一週間、風邪にてこずりました。

         多分ポー父の入院で気を張っていたんですね。

         大掃除も早めにやったりと、少し頑張りすぎたかな?

         まるで喘息のような咳と微熱に悩まされました。

         病院へ行くとこのままいくと肺炎になるとこだったと脅されました。

         抗生物質や感染症のお薬いただきやっと少しおさまってきました。

         やはり歳には逆らえないんでしょうか?(くやしい!!)

                           ・

                           ・ 

         さあ、いよいよ今年も終盤戦に入ってきました。

         来年のカレンダー各部屋、架け替えです。

         Dsc_7288                          ・

                          ・

          どんなに世の中忙しくても、のんびりしてるのがねこ

          ポー父のスクーターに鎮座ましまして日向ぼっこしておられました。

Dsc_7289             忙しいんだから猫の手貸してくださいな。

                          ・

                          ・

             そして、もう一人忙しいのに仕事つくるやつ。Dsc_7291             分かってます!!容疑者P

 

                        ・

                        ・

Dsc_7294               母「ポ~~~ちゃん」

               ポー「ドキッ・・!!」

Dsc_7292          ポー「な、なんか外に猫がいるみたいですよ」

          母「そんなこと聞いてませ~~ン」

Dsc_7293            ポー「チッ、ばれてるのか(しょんもり)

                            ・

                            ・

          今日は次男夫婦、大掃除とかで寅次郎オジャマムシのようで

          我が家でお預かり。

Dsc_7297          寅「よろしくなのだ」

          ポー「あたし今あんまりよろしくない」

          母「そうね、叱られたばかりだもんね(かなり引きずるやつ)」

                         ・

                         ・

Dsc_7296        寅「体ばかり大きくて小っちゃいヤツだ」

        ポー「ふん、体、小っちゃいくせにデカイ態度」

        母「お二人さん、仲良くしてね」

                         ・

                         ・

Dsc_7299        ポー「母さんがああ言ってるから、仲良くしよう」

        寅「了解なのだ」

                            ・

                            ・

                            ・

Dsc_7277                      ビオラ

Dsc_7279                      寒菊

         寒菊が咲くと厳しい風とお日さまのせめぎ合いです。

         人は冷たい北風にコートの襟をたてる。

         人は暖かい太陽にコートを脱ぐ。

         まさに童話「北風と太陽」のものがたりそのものです。

         そして年の瀬は新しい年への継橋(つぎはし)です。
























   







2014年12月21日 (日)

冬支度

          夕方になると微熱がでていたポー父も

          すっかり普通の生活にもどっています。

          仕事もぼちぼち入れていますが、少し疲れるみたいです。

          退院4日目ですもの無理ないですよね。

                       ・

                       ・

       日本海側は雪で大変ですが、ポーリー地方は本日、風もなく穏やかです。

       なんだか申し訳ない気がします。

       寒さに弱い花たちの冬支度をしました。

       ペットボトルを半分に切って、被せて寒さをしのぎます。

Dsc_7271

Dsc_7274        大きなものはビニールシートで覆ってやります。

        こうして来春まで冬眠しててもらいましょう。

Dsc_7286              猫、発見!!

          ポーリーのテール、フラッグが揺れてます。

          自分のテリトリーの中にいるとチョッピリ強気

          意外と内弁慶なんです(情けない)

                         ・

                         ・

Dsc_7287              庭にオモチャ持ち出すのはいいけど 

              出しっぱなし・・・これで片付けてくれると天才犬なのにね。

Dsc_7283          ポー「母さん、高望みはよくないよ」

          母「そうね、ハードル低くしましょうか」

                           ・

                           ・

Dsc_7284               ポー「よく食べ、よく寝る」

              母「それって、ハードル低くすぎじゃ」

                           ・

                           ・

Dsc_7282       我が家のドウダンツツジも紅葉も終わり、葉を落とし始め冬支度

                          ・

                          ・

Dsc_7276                      ギョリュウバイ

         今日の夕方の散歩、ポー父も一緒にいきました。

         慣らし運転ですから、距離も短縮、

         ポーリーは時々「父さん、大丈夫??」って振り返っては確認してました。

         天才じゃないけどいいとこあるんだなあ。


          

















 

2014年12月17日 (水)

退院しました

           各地で大荒れの天候ですが、ポーリー地方は風が強いです。

           ポーリーの朝の散歩、パスしたいくらい寒~~~い。

           でも頑張って6時半過ぎに行ってます。

           車のフロントガラスには霜がへばりついています。

           寒さが視覚でわかり、一層、体が強張ります。

                        ・

                        ・

                        ・

           今日は寒さも吹っ飛ぶ嬉しい日です。

           

           ポー父、退院です。

           よく頑張りました。

Dsc_7267            やはり、我が家が一番のようです。

             退院がよほどうれしいのでしょう、

            ピースなんぞしております(高齢者のすることか?)

            ドクターや看護師には満足していましたが、

            食事はまずかったようです。

              Dsc_7268    ポー「ったく、贅沢いってるわ・・・あたしなんて365日同じドッグフードだつーの」

Dsc_7270      ポー「言っとくけどあたしもワンコ年齢だとシニアなんよ」

      そうだね、ワンコは7歳からシニアだもんね。

      ポー父同様長生きしてくださいね。

                           ・

                           ・

          明日からポー父、仕事が入っています。

          ありがたいけど無理せんといて~~~。


 


 

2014年12月14日 (日)

術後4日目

         12日(金)、熱も引き、点滴もとれて食事も完食。

         ポー父順調に回復してきました。

Dsc00608           こんな素敵なフラワーアレンジメントを頂きました。

                         ・

                         ・

Dsc00609           毎朝、ポー母が自宅から届けている新聞をみています。

           開腹手術だとこんなに早く回復はしないようですが、

           ステント手術は体への負担が少なく、入院日数も短いようです。

           まさに医学は進歩しているんですね。

           先生が「高齢ですから云々」って何かと口にされるのは

           気にさわりますが、三十五、六の若い先生から見れば

           確かに高齢かな。(実際、後期高齢者だし・・・・)

 

      ポー父は後期高齢者の希望の星になるのだ!!

          Dsc00611               病室から見える景色

       我が家の近くの曽谷小学校がみえます。(赤く囲ったあたり)

       あのあたりに我が家もあります。

                         ・

                         ・

                         ・

             二日前にランちゃんのお預かりしました。

Dsc_7259           ラン「ここはワタチの別荘みたいなものよ」

          ポー母「ハイハイ、私どもはランちゃんの執事でございますよ」

                            ・

                            ・

Dsc_7252         ポー「あたしはもしかしてメイド??」

        ポー母「優しい保母さんかな」

Dsc_7254            ポー「ちゃんと保育料いただいてね」

           ラン「うちのママに請求書送ってくらしゃい」  

           美味しい福井のお土産いただきました。

                          ・

                          ・

Dsc_7262_2           ここ一週間ほど病院通いで忙しくしていたら

           庭はすっかり冬を迎える支度をしているようです。

           白モクレンの葉が重なり合うように地面を覆っていました。

Dsc_7265
        白モクレン

Dsc_7264                      オオデマリ  

             木々は裸樹になっていますが、

             枝の先には春を待つ若芽をつけて眠っています。

             冷たい北風や雪にも負けず、太陽の恵みだけを頼りに

             月日を重ねていくのでしょう。

 

 

 

2014年12月10日 (水)

術後一日目

           昨日、ポー父、無事手術を終えました。

           6時間と言われていた時間も4時間で済み、

           これといったアクシデントもなくほっとしました。

           問題の腹部動脈瘤も小さくなりやれやれです。 

           腎臓のほうはやはり左右血管がつまっていたようです。

           今回は幸運の連鎖で助かったと思っています。

           もしかしてポー父、前世で何かいいことをしていて

           神様のご加護があったのでしょう。

                            ・

                            ・ 

           今日はICUから大部屋に戻っていました。

           さっそく歩く練習もさせられていました。

           ポー母がリンゴを持っていくと、2切れ食べましたが、

           昼食は食欲が湧かなくてとらなかったようです。

           午後からはポー父の二人の妹、

           K子ちゃんとK子ちゃんが来てくれました。

           術後なので発熱もあり、体調不良は仕方ないですね。

                          ・

                          ・

 

Dsc00599           ポー「父さん、早く元気になるといいね」 

           母「大丈夫!!強くて新しい人工血管が入ったんだから」 

           そうです、新生ポー父になったんですもの・・・

Dsc_7199        お向かいのお宅の庭は庭師が入って、すっかりお正月支度

        ポー父も年内に悪いところを治して、お正月がむかえられそうです。

        ずーっと我慢していたお酒、お魚など早く、解禁してあげたい。

        ポー父の体は庭師じゃなくてメスが入りましたが、

        ここからが底力の出しどころ、頑張って欲しいものです。

 

      

2014年12月 8日 (月)

75歳になっても?

          今朝のポーリーの散歩で富士山が綺麗に見えました。

          霊峰と言うくらいですから何かパワーがあるはず、

          と、勝手に思って、ポー父のことお願いしました。
 
                     小夜ちゃんの車で午前中、病院へ。

           お昼は病院食が出ました。(カレーとサラダでした)

                        ・ 

                        ・

            今は病院も昔と違って携帯電話もパソコンもOK

            ポー父、勿論、パソコンや年賀状ソフトをもって行きました。

            なんでも年賀状作成するつもりのようです。

                        ・

                        ・

            担当医からの手術の仕方やリスク、合併症

            もし、術中に瘤が破裂したら 開腹手術になるとか

            色々、最悪の場合を列挙するので少々気が滅入りました。

            当の本人はいたって冷静で治す意欲満々で助かります。

            大動脈瘤だけだと3時間で終わるそうですが

            腎臓脈狭窄症もやるので6時間かかるそうです。

                        ・

                        ・

Dsc00600_3                我が家の裏の丘からポー父の入院してる病院がみえます。

       (左手奥の赤丸内の中が病院です。

       夕方はポーリーの散歩で病院の方をみて、

       元気玉をポー父に届くように心の中で念じました。

Dsc00599          ポー「お父さ~~ん。早くよくなってくださ~~い」

Dsc00603              ハぜかウルシの仲間かな?

Dsc00605             重たいくらい実をつけているピラカンサ


Dsc00607                  薄暗い夕闇のなか咲くサザンカ

                  こうして一日が暮れていきました。

              夕焼けに代わって静かな夜の帳(とばり)が下ろされました。

                  明日もきっと晴れるでしょう。






 

2014年12月 3日 (水)

寒い一日

           ついに「はやぶさ2」宇宙へ!!

           行ってらっしゃい~~~・

           2020年東京オリンピックが終わったころ帰ってくるそうです。

           何とも長い旅路ですよね。

           ポー父、ポー母の二人の人生の旅路も50年の金婚式まであと4年

           ピンピン元気でいたいと思っています。

                           ・

                           ・

           今朝は寒かった。

           ポーリーは寒さ大歓迎みたいですが、

           ポー母はこれからは散歩はしっかり防寒対策しなくてはなりません。

Dsc_7237           寒い朝でも自前の毛皮で庭に出て風に吹かれるポーリー

Dsc_7233                       耳を掻いたり

Dsc_7243              時々、道路を横切る猫を見つけて唸ってみたり

Dsc_7247                風の流れを感じたり

Dsc_7241              朝日が眩しいと目を細めたり

Dsc_7242_2             大好物の忘れな草の葉をたべたり

Dsc_7245                     花を見たり

               猫の額のような我が家の庭ですが、

               ポーリーにとっては暇つぶしの格好の場所なのです。

                            ・

                            ・

                            ・

Dsc_7248         我が家の庭でも、ほらスノーボール(手毬灌木)が紅葉してます。

Dsc_6316               春のスノーボール(手毬灌木)

          来春にはこんな綺麗な純白の花をみせてくれます。

                         ・

                         ・

Dsc_7231            先日、作ったハンギング

       葉牡丹を入れると、お正月が近かづいて来る気配を感じます。

       年内にポー父も手術を済ませることもできるし

       好きなお酒もお魚も食べられるようになることでしょう。

       いっぱい我慢したんだもの、早く解禁日がくるといいね。










            
















 

2014年12月 1日 (月)

無事終了

              今日から.師走。

              我が家の大掃除11月半ばからやり始めたおかげで

              ほとんど終りそうです。

              あとは窓拭きと床のワックスがけ。

              何しろ7日にポー父入院するのでいつもの年より

              早めに手を付けたのがよかったみたいです。

                            ・

                            ・

                  本日、ポー母、胃カメラ検査。

               今朝は八時十分に病院に入ることになっていたので

               食事の支度や、ゴミ出しと主婦は一仕事終えなくては

                出かけられませんものね。

                             ・

                             ・

               検査は麻酔をかけていただいたので

               気が付いた時はすでに完了でした。

               検査結果はポリープも胃潰瘍もなく大丈夫でした。

               (地獄から這い上がったような気分でした)

               但し、慢性胃炎の傾向があるので気をつけるようにですって。

               ついでに、ピロリ菌除去もすることになり

               明日から一週間薬を飲むことになりました。

               一回でも飲み忘れると除去できないんですって。

              (なにしろポー母忘れん坊の天才、これは油断なりませぬ)

Dsc_7223         ポー「母さん大丈夫かな??あたしと似ておっちょこちょいだし」

         母「似てませ~~~ん!!」

Dsc_6061
              ポー「でもよかったね。なんでもなくって」

              母「ありがとう!!ポーちゃんも元気でいてね」

              そうなんです、ポーリーに何かあると

              それこそ、胃に穴が空いちゃうかもです。

              さあ、今度はポー父も手術、頑張ってもらいましょう。

                            ・

                            ・

Dsc_7205              玄関ポーチに置いた寄せ植え

Dsc_7204                   センリョウの実

       あんなに沢山、実をつけていたセンリョウですが

       年々寂しくなって、数えるほどしか実がつきません。

       それでも燃えるような赤は存在を強くアピールしています。

       私もそんな芯の強さをもたなくてはと思うのでした。










« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »